グループホーム和音 利用料金

平成29年度4月改定

グループホーム介護保険代と生活費、医療保険代の料金支払いについて

1)下記の料金表は、ご契約者の要介護度に応じた自己負担額(サービス利用料金から介護保険給付額を除いた金額)と生活費(家賃・食材費)の支払合計金額を1日分と30日分で表しました。

ご利用者の介護度 要支援2 要介護1 要介護2 要介護3 要介護4 要介護5
介護保険一部負担金(1日) 743円 747円 782円 806円 822円 838円
医療連携体制加算 39円 39円 39円 39円 39円 39円
サービス提供体制強化加算 6円 6円 6円 6円 6円 6円
家賃(1日) 1,200円 1,200円 1,200円 1,200円 1,200円 1,200円
食材費(1日) 1,100円 1,100円 1,100円 1,100円 1,100円 1,100円
1日の費用合計 3,088円 3,092円 3,127円 3,151円 3,167円 3,183円
30日分の費用合計 92,640円 92,760円 93,810円 94,530円 95,010円 95,490円
介護処遇改善加算30日分(2) 1,915円 1,925円 2,010円 2,068円 2,107円 2,146円
①介護料金+②施設利用料

月額(30日)個人負担合計

94,555円 94,685円 95,820円 96,598円 97,117円 97,636円

 

☆介護保険からの給付額に変更があった場合、負担額は変更になります。

☆下記は介護加算とその他の日常生活に必要な金額になります。

①毎月の加算

初期加算:入所した日から30日間は、1日につき30円が加算されます。

医療連携体制加算:1日につき39円が加算されます。

サービス強化加算:1日6円が加算されます。

介護処遇改善加算:毎月の介護報酬総額の1000分の81に相当する交付金を加算されます。

②必要に応じての加算

看取り加算:医師が回復しないと判断し延命治療を望まれないご利用者に看取り契約をし同意後更に訪問看護ステーションとも個々に契約を行って頂きます。(ケアプランの見直しあり)

死亡以前4~27日(さかのぼり) 日額 144円
死亡日前日及び前々日28~29日 日額 680円
死亡日 日額 1,280円

 

緊急時加算:在宅介護されている方で、かかりつけ医が緊急的に入所を認めた場合 200円/日(7日間)

若年性認知加算:65歳の誕生日の前々日までの利用者 120円/日⇒3,600円/30日

③ご利用者が入院された場合、部屋確保料として1日につき1,000円が必要です。

食材費は1食でも食べると1日1,100円の徴収とします。

④散髪料金・オムツ代・予防接種等の立替払いの請求。

2)①せぐち整形外科による「訪問診療料」・「居宅療養管理指導Ⅱ」(各月2回訪問)と医療・薬局で連携する「在宅患者訪問薬剤管理指導料」等の料金は、厚生労働省が定める料金にて徴収させて頂きます。

(詳細は各同意書にて説明いたします)

3)利用料金のお支払い方法

費用は、1ヶ月ごとに利用日数に基づいて計算した金額をご請求しますので、翌月24日迄にK-NETに加盟する金融機関の口座より、自動引き落としとなります。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です